コラム

お花の飾りお花の飾り

きちんと知っておきたい、運動の効果と女性の体について。

きちんと知っておきたい、運動の効果と女性の体について。

いつもよりストレスを強く感じやすい生理前や生理中。いわゆる心のプチ不調はPMSの代表的な症状のひとつですが、「体も気分もだるいし、お家でダラダラしていたい…」と思う方がいる一方で、「このモヤモヤ感は、体を動かしてリフレッシュしよう」と思う方もいるかと思います。ゆったりスローに過ごしたい、テンポ良くアクティブに過ごしたい、心と体の調整の仕方にも好みがあって当然。ただ、生理前や生理中に運動することは良いのか?悪いのか?運動が女性の体に及ぼす影響について一度きちんと知っておくと、普段からどんな運動をどれくらい行うのが自分に合っているのかも掴みやすくなります。

もちろん月経困難症といわれる症状が重い、具体的にいうと生理がくる数日前から、あるいは生理がはじまってから数日間、横になっていたいほど生理痛がツライというような方は、無理して運動をせず静かに過ごすことをおすすめします。また、痛みや経血量が以前より重くなったように感じている方も、運動することが症状の悪化に繋がるリスクがあるため、一度婦人科に相談することをおすすめします。ひとつの目安として、生理の周期が安定していて、生理痛やPMSの症状なども、自覚はあるものの日常生活を送るにあたり大きな支障をきたすレベルではないと感じる方は、適度な運動によるメリットを期待できると思います。

生理時の運動はOK?どんな運動がおすすめ?

生理中は貧血による頭痛や立ちくらみが起こることもありますが、そういった症状が出ていない時であれば、適度な運動をプラスしてOK。というのも、適度な運動は血液やリンパなど体液の巡りを促してくれるので、冷えによる生理痛の悪化を防ぐのに役立ちます。日頃から座りっぱなしでデスクワークが長い方などは、運動不足+冷えによって子宮の筋肉がこわばりやすくなっています。その結果、生理前や生理中は子宮が経血を押し出す時の負荷が大きくなり、下腹部や腰廻りに痛みが生じている可能性も。冷えやすさや運動不足といったキーワードに心当たりがある方は、まずは体がじんわり温まるような穏やかな運動からはじめてみるのはいかがでしょうか。

具体的にどんな運動が生理痛の予防や緩和に適しているかというと、やはりスローエクッサイズといわれるヨガやウォーキングなどです。緩やかかつ一定の呼吸のリズムで行う運動は、自律神経の調整という点からもおすすめできます。生理によって女性ホルモンのバランスが乱れやすくなり、ストレスを強く感じてしまう状況に対して、適度な運動によるリフレッシュ効果はとても有効です。しかしながら、運動量や運動時の負荷のかけ方にはくれぐれも注意してください。息が上がり、心拍も上がり、ぜいぜいと肩で呼吸するほど消耗してしまうような運動は、体内で生じる活性酸素の増加につながり、新たな体調不良を招いたり、老化が進んでしまいかねません。

体をしぼり過ぎる運動は、生理に悪影響が…!

「趣味はスポーツ、子供の頃から体を動かすことが大好き」という方の中には、数日後も筋肉痛がツライくらいの達成感を得ないと物足りず、つい激しく運動をしてしまうという方も少なくないようです。ところが、激しい運動で体重を落とそうとしたり、筋肉を増やして体脂肪をできるだけ絞りたい、という傾向に走ってしまうと生理不順を引き起こす可能性が高まります。成人女性にとって健康を保つのに必要な体脂肪率は20〜30%。女性ホルモンの材料はコレステロール、つまり“脂”なので、体脂肪15%を切ると生理不順が起こりやすくなります。生理は妊娠へのプロセスとして起こっているので、体が栄養不足に陥れば、生理を起こすことよりまず、生命維持のために必要な栄養素が使われるようになっていくからです。

運動がストレス発散の唯一の手段で過剰に動いてしまう方、あるいは運動はほどほどだけどノンオイルに徹するなど極端な食事制限によるダイエットをしがちな方は、運動性無月経という症状を招かないよう、自分の健康を壊さない範囲を探っていきましょう。無月経の状態が続けば、女性ホルモン(とくにエストロゲン)の分泌が低下、骨密度も下がり、疲労骨折や骨粗鬆症に至ってしまうこともあります。

生理中の運動がより快適になる3つのポイント♪

ここまで読んでいただいて、「寝る前にストレッチくらいしてみようかな」と思ったり、「ジムでの運動量やその負荷を見直そう」と思ったり、ご自身と運動の付き合い方が少し見えてきたでしょうか。いずれにしても、生理前や生理中に適度な運動をすることは、ストレスケアとしてとても有効なので、生理用品もストレスフリーなものを選びたいですよね。運動をする時にふさわしい生理用品選びの方、3つのポイントをまとめてみました。

・アクティブに動いても、ズレたり漏れたりしにくい。
・ゴワつかず、スリムでウェアに響きにくい。
・汗ばんでもムレにくい、通気性が良くて肌にやさしい。

ヨガをする時は開脚や足をあげるポーズなど普段はしない動きがあります。ウォーキングにしても普段より歩幅が大きく、歩調も早くなるので生理用ナプキンは羽根つきタイプできちんと下着に固定できるものが便利。また、最近は汗をきちんと逃してくれるドライタッチ仕様で体にフィットしたスポーツウェアも多いので、生理用ナプキンはゴワつき感やモタつき感のないスリムタイプだと、より快適度も高いと思います。さらにサニタリーショーツや生理用ナプキンは、ともにオーガニックコットンのものをそろえるとムレにくさ&肌へのやさしさもしっかり両立。

とはいえ、羽根つきスリムタイプのオーガニックコットンナプキンは、まだまだ国内市場において種類が少ないのが現状です。迷った時は、シートや吸収剤、包装までも植物由来で徹底している歴史の長いオーガニックコットンブランドなら、化学物質過敏症などを抱える敏感肌の方からも支持されてきた歴史が長く、スポーツ時も安心して使えると思いますよ。

セルフケアコンシェルジュ いしずか久見子

美容ライター(現在も 石塚久美子 名義で活動)として、1998年より数々の美容トレンド、健康法、国内外のメイクアップアーティストや化粧品開発者の取材を経験。現在は、宝島社『リンネル』でナチュラルコスメやオーガニックコスメを中心とした連載を担当中。自身が敏感肌であったことから、得意とするのは、アロマセラピーや色彩の基礎を踏まえた上での、肌の弱い方に向けたコスメやメイクの解説。2012年からは都内数カ所の保健センター 精神保健デイケアの社会復帰プログラムにて、気分転換や余暇のツールとして色や質感を心の健康管理に役立てるアートレクリエーションの講師も担当している。

これまでのさまざまな取材や学びの経験から、30代では代謝、とくに体の使い方や食が重要であることを深く実感。整体的要素を含むタイ式ヨガ“ルーシーダットン”の講師資格、栄養医学のアドバイザー資格などを取得。適度な運動、食べ方、化粧品の選び方や使い方を見直す、セルフケアによって自身の花粉症や体の歪みも驚くほど軽減したため、現在は“無理をしないセルフケア”を伝え広めるべく邁進中。

 

トップへ戻る