コラム

お花の飾りお花の飾り

生理周期に合わせたスキンケアでキレイ指数UP

生理周期に合わせたスキンケアでキレイ指数UP

前回のコラム『女性ホルモンと体温の関係を知って、生理と仲良く』では、生理周期のリズムを作っている2つの女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)について解説しました。卵胞ホルモンは、“美肌ホルモン”という呼び方をされており、このホルモンが優位に働いている時は、肌のみずみずしさ、透明感やハリも「いい感じ♪」と思える日が多いはず。一方、黄体ホルモンが優位な時期は皮脂分泌が増え、角質層が厚くなりやすいため、肌荒れを起こしやすくなります。

近年では、この2つのホルモンの切り替わりによって肌が不安定な状態に陥ることを“肌のゆらぎ”あるいは“ゆらぎ肌”と呼んだりしています。つねに敏感というわけではないけれど、生理周期によって肌の調子がグラグラとゆらいでしまう。普段は平気なスキンケアが、なんだかムズがゆく感じたり、ちょっぴり沁みて赤くなったり…そんな状況に心当たりがある方は、生理周期に合わせてスキンケアのさじ加減を少し調節してみましょう。

生理中はまだ少し敏感、少しずつ美肌モードに

生理が始まると、美肌ホルモンである卵胞ホルモンが優位になっていくので、肌はどんどんクリアな印象になり、潤い感が増していきます。とはいえ、生理前の肌荒れのダメージがまだ残っている場合もあるので、クレンジングや洗顔は低刺激なものでやさしく。ここでバリア機能の働きをサポートしてくれるような保湿美容液をプラスすると、荒れた部分の修復がスムーズに進みそうです。

また、生理痛が重く、貧血の兆候などが出てしまう方は、顔色の悪さが目立ってしまう時期ともいえます。そんな時は、肌あたりのやさしいフェイス用ローラーをコロコロしたり、お風呂に入りながら顔ヨガをするなど、巡りを良くするケアを取り入れて。同時に、温かいハーブティーやスープを小まめに飲む、東洋医学でいうところの血を補ってくれる食べ物(キノコ類や香味野菜など)を摂るように心がけると、美肌モードをぐんと促進できそうです。

 

 

生理明けは、攻めのケアも可能な肌安定期

生理が終わってからの1週間は、もっとも肌状態が安定している“きらめきウィーク”。デートや人前に出るイベントごとは、この時期に設定できればベスト!といえるほど、肌の輝きや目の開き、白目のクリアさなど、心身ともに好調な時期です。

パックやマスク、エステサロンでの施術など、スペシャルケアや新しいコスメを試すなら、この生理明け1週間後のタイミングがおすすめです。もちろん、もともと角質層が薄く、アレルギーやトラブルが出やすい方は、この時期であっても無理にスペシャルケアに挑む必要はありません。あえてこの安定期に、最低限の洗顔、保湿、紫外線や汚染物質からの保護、というシンプルケアをしっかり行って素肌力のべースアップを狙うのも良いと思います。

“きらめきウィーク”は体調全般が安定しているので、代謝アップ効果も実感しやすいと思います。運動やスポーツ、サウナや岩盤浴といった温活でじんわりと汗をかいたり、ポジティブなリフレッシュケアを取り入れて、さらに内側から輝くような肌ツヤを手に入れたいところです。

排卵日を超えたら低刺激かつ油分控えめなケアへ

排卵日を超え、黄体ホルモンが優位になってくることで起こる肌のゆらぎには、いくつかの傾向があります。とくに多いのは、角栓(白ニキビ)がプツプツと現れる、皮脂を好むアクネ菌が増えて炎症をともなったニキビや吹き出物ができる、肌の水分油分のバランスが崩れてバリア機能が低下し敏感肌が加速する、の3つの傾向。

この時期は新しいコスメを試すのを控え、肌への負担を最小限におさえたお手入れを。メイクしっかり派の人は、低刺激かつきちんと落ちるクレンジングへの切り替えがベター。肌が弱い方は、石けんだけで落ちるミネラルメイクアップのみで過ごすのもおすすめです。そしてすすぎは、必ず体温以下のぬるま湯で!体温より高いお湯で毎日洗顔をしていると、肌のバリア機能保持に必要なうるおいが徐々に流出してしまいます。肌状態に対して適切な洗浄レベルを見つけることが、実はキレイ指数UPへの第一歩です。

保湿のポイントは、肌のph環境を弱酸性に保ってくれる低刺激な化粧水をたっぷりと。肌のバリア機能を良好に保つのに不可欠な、皮膚常在菌のバランスがもっとも整いやすくなるのが弱酸性のph環境だからです。もちろん、水分を与えたあとは、乳液やクリームでフタをしましょう。ニキビができやすい方は、ノンオイルのゲルなども選択肢に。

そして生理前1週間は、水分を溜め込むという黄体ホルモンの影響から、顔のむくみ感やまぶたのハレぼったさが顕著になりがちです。PMS特有のイライラや落ち込みを助長しないためにも、そんな時は湯船にゆっくりつかりながらマッサージを。ラベンダーなどリラックスを促してくれる精油が配合された、肌にやさしいフェイシャルオイルでくるくると、深呼吸しながら行うのがおすすめです。

この時期は、巡りを促しつつストレスケアも積極的に。「自分をいつもよりちょっぴり大切に扱おう」キャンペーンは、肌のゆらぎの波を小さくするのにとても有効ですよ。

セルフケアコンシェルジュ いしずか久見子

美容ライター(現在も 石塚久美子 名義で活動)として、1998年より数々の美容トレンド、健康法、国内外のメイクアップアーティストや化粧品開発者の取材を経験。現在は、宝島社『リンネル』でナチュラルコスメやオーガニックコスメを中心とした連載を担当中。自身が敏感肌であったことから、得意とするのは、アロマセラピーや色彩の基礎を踏まえた上での、肌の弱い方に向けたコスメやメイクの解説。2012年からは都内数カ所の保健センター 精神保健デイケアの社会復帰プログラムにて、気分転換や余暇のツールとして色や質感を心の健康管理に役立てるアートレクリエーションの講師も担当している。

これまでのさまざまな取材や学びの経験から、30代では代謝、とくに体の使い方や食が重要であることを深く実感。整体的要素を含むタイ式ヨガ“ルーシーダットン”の講師資格、栄養医学のアドバイザー資格などを取得。適度な運動、食べ方、化粧品の選び方や使い方を見直す、セルフケアによって自身の花粉症や体の歪みも驚くほど軽減したため、現在は“無理をしないセルフケア”を伝え広めるべく邁進中。

 

 

トップへ戻る