コラム

お花の飾りお花の飾り

閉経が近づいた時のデリケートゾーンケアについて

閉経が近づいた時のデリケートゾーンケアについて

初潮がそうであるように、かなりの個人差があるとされる閉経へのプロセス。

私自身、まだ未知の世界ではありますが、もともと肌や粘膜があまり強くはないため、閉経へのスイッチとなる女性ホルモンの減少によってどのような不調が現れるのか、とても気になるところです。経験者のお話に耳を傾け、自分の体の声に耳を澄まし、不調を感じたらできるだけ早めに対策を講じたいと思っています。

皆さんも、「私の体はどうなってしまうのだろう?」と不安に陥るその前に、まずは閉経の基礎知識を一緒にインプットしておきましょう!

 

自然閉経の平均的な時期は40代半ばから50代半ば頃

 

多くの女性が閉経を迎えるのは、女性のライフステージでいうと更年期(40代半ばから50代半ば頃までの約10年間)。人によっては40代前半、あるいは60代に入ってから閉経を迎えることもありますが、多少の前後は自然閉経の範疇とされています。ただ40歳未満、20代や30代で無月経状態が1年以上続いた場合は早発閉経、疾患により子宮・卵巣を摘出しての閉経は人口閉経といった呼び方があります。

いずれにしろ、閉経前と閉経後で大きく変わることは女性ホルモンの減少。そしてこの女性ホルモンの減少がトリガーとなって、更年期障害と呼ばれるさまざまな不調が起こります。

早くなる?遅くなる?周期の乱れは閉経のサインの1つ

女性ホルモンは、大きく分けて卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類。脳の視床下部から分泌の指令が出され、下垂体を通じて卵巣から分泌されます。

そして更年期には、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が20代〜30代と比べて急勾配で減少していきます。脳からの指令に対し、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)や卵胞刺激ホルモンの分泌が十分でなくなると、月経周期が乱れたり、経血量が変化しはじめます。傾向としては、まず生理の周期が短くなることが多く、その後だんだんと周期がバラつきはじめ、月経がしっかりと起こりにくくなります。最終的には、卵巣内に残っている卵子がなくなり、最後の月経から1年以上経つと閉経となります。

40代に入り、体調はいつも通りでも月経周期に変化を感じたら、先を見越して心身に無理を強いらないライフスタイルを模索するのも心構えのひとつといえそうです。

 

女性ホルモンの減少で起こるデリケートゾーンの乾燥

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、卵子の生育にとって重要なだけでなく、女性らしい体づくりに欠かせないホルモンです。

コラーゲン産生を促して肌を潤わせ、ハリやコシのある毛髪をつくり、血管や関節を健やかに保ち、自律神経の働きを安定させる働きもあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に減少すれば、肌がカサついてハリ不足になる、毛髪が痩せて薄毛になったように感じるなど、エイジングの加速に繋がります。さらにはドライアイやドライマウス、もちろんデリケートゾーンの粘膜の乾燥も進みます。個人差の大きい閉経へのプロセスですが、肌や粘膜の乾燥トラブルを実感する方はかなり多いです。

そのためスキンケア同様、デリケートゾーンも専用のウォッシュでやさしく洗い、専用の保湿アイテムでお手入れするのが賢明。とくにデリケートゾーンは、適度に潤った健やかな状態であってもほかのパーツと比べて化学物質などの経皮吸収率が高いといわれているので、生理用ナプキンはオーガニックコットン製がおすすめです。

更年期に入ると起こりがちなのは複合型の“尿もれ”

卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少による自律神経の乱れは、スムーズな体の機能を妨げます。代表的なものとしては、四十肩や五十型を筆頭とする関節の痛み、しびれ、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、多量の発汗、動悸・息切れ、偏頭痛、イライラや不安感などですが、その方その方の体質や生活環境によって現れ方は多様です。

また、女性ホルモンの減少と関連があるとは気づきにくい“尿もれ”のお悩みが生じることもあります。1月のコラム『“尿もれ”を防ぐ姿勢改善と骨盤底筋群トレーニング』でもお話していますが、骨盤底筋群の筋力が衰えていると、出産経験のない若い方でも咳やくしゃみをしたり、排血の際に「腹圧性尿失禁」というタイプの“尿もれ”が起こりやすくなります。更年期には、この「腹圧性尿失禁」に、自律神経の不調からくる「切迫性尿失禁」というタイプの“尿もれ”が複合することがあります。「切迫性尿失禁」は水の音を聞いたり、流水を見たり、寒さを感じた時に、尿意をもよおしたり頻尿傾向に陥る、といった症状を指します。

即時的な対処法としてはやはり体にやさしい素材の尿もれパッドを使って「ひとまずこれで大丈夫」という安心感の確保を。そして継続的な対処法である骨盤底筋群のトレーニングや、自律神経の調子を整えるためのセルフケア(良質な睡眠、栄養バランスの取れた食事、アロマセラピー、適度な運動、瞑想など)を地道に重ねることも大切です。

これまでにないしんどさを感じたら婦人科へ相談を

更年期の不調は、ほとんど起こらない方もいれば、今回取り上げたような症状が同時多発して「何か重い病気なのでは…」と落ち込んでしまう方もいると思います。まずは、年齢と月経の周期や状態を目安に、商品選びも含めて自分の体をやさしく扱ってあげることから。それでも不調の度合いが軽減しない時は、我慢せずに婦人科へ相談を。低容量ピル、HRT(ホルモン補充療法)、漢方薬、サプリメントや食事指導による栄養療法など、現在は各種のアプローチが可能となってきています。もちろん、年齢に関わらず自身の状態をよく観察することは未病の基本。その上で「クリニックとの二人三脚」も頭の隅に置いておけば、案ずるより生むが易しで前向きに閉経を乗り越えていくことができそうです。

参考書籍

「閉経」のホントがわかる本 更年期の体と心がラクになる!

対馬ルリ子・吉川千明 著 集英社

セルフケアコンシェルジュ いしずか久見子

美容ライター(現在も 石塚久美子 名義で活動)として、1998年より数々の美容トレンド、健康法、国内外のメイクアップアーティストや化粧品開発者の取材を経験。現在は、宝島社『リンネル』でナチュラルコスメやオーガニックコスメを中心とした連載を担当中。自身が敏感肌であったことから、得意とするのは、アロマセラピーや色彩の基礎を踏まえた上での、肌の弱い方に向けたコスメやメイクの解説。2012年からは都内数カ所の保健センター 精神保健デイケアの社会復帰プログラムにて、気分転換や余暇のツールとして色や質感をストレスマネージメントに役立てるアートレクリエーションの講師も担当。

 

これまでのさまざまな取材や学びの経験から、30代では代謝、とくに体の使い方や食が重要であることを深く実感。整体的要素を含むタイ式ヨガ“ルーシーダットン”の講師資格、栄養医学のアドバイザー資格などを取得。適度な運動、食べ方、化粧品の選び方や使い方を見直す、セルフケアによって自身の花粉症や体の歪みも驚くほど軽減したため、現在は“無理をしないセルフケア”を伝え広めるべく邁進中。

トップへ戻る