コラム

お花の飾りお花の飾り

月経周期や体調で変わる、おりものを観察してわかること

月経周期や体調で変わる、おりものを観察してわかること

「生理がくる=月経による排血」は、赤ちゃんを迎えて育てる子宮内膜をつねに良い状態に保つべく体に備わっている重要なシステムです。ただ、膣の中を下りてくるのは月経血だけではありません。膣や外陰部の潤いと柔軟性を保つための分泌液や、不要となった子宮や膣の古い細胞が混じって排出されるおりものもまた、膣の中を下りてきて外へ排出されます。今回は、その名のとおり「下りるもの」を語源とするおりものにフォーカスしてお話していきます。

 

実は膣の自浄作用にとって必要不可欠な存在

おりものは単なる老廃物ではなく、実は膣に細菌などが侵入するのを防いでくれています。具体的にいうと、おりものには膣まわりの常在菌であるデーデルライン桿菌と膣内の糖質によって作り出す乳酸が含まれており、そのおかげで膣内が菌の繁殖を防ぐ弱酸性pHに保たれているのです。また、おりものは性交や精子が子宮へ向かうのを助けてくれる役割もあるため、女性の体を健やかに心地よく守るためにとても重要な存在といえます。

女性ホルモンの周期と、おりものの状態の変化 

女性であれば、誰にでも起こっているおりものの排泄。通常は透明に近い白っぽい色みで、下着に付着するなど少し時間が経つと黄みを帯びた状態になります。乳酸が含まれているのでわずかに酸っぱいようなにおいがあるのは普通です。ただ、色みやにおい、量というのは月経周期によって変わってきます。以下のような変化の幅であれば、とくに異常というわけではないので判断の目安として頭の隅において頂くと良いかもしれません。

(月経周期とおりものの状態)

月経前 量は少なく、ややにおいを感じる。月経血の影響で薄茶色になることがある。

月経後 直後はほとんど出ない人が多く、少し経って半透明のおりものが出はじめる。

排卵期 排卵日が近づいてくると量が増え、排卵直前には透明で粘度の高い状態になる。

排卵後 排卵日を過ぎると粘り気が消え、量も減って基本的には白っぽい状態に。

「いつもと明らかに違う」で気づける疾患の可能性

 

月経血と同様に、おりものは状態や量に個人差があるものです。疲労やストレス、食生活などの影響も受けるため、毎月同じということもありません。しかしながら、明らかにいつもと違うおりものが出るようになった場合、それは疾患を知らせるサインとして起こっている可能性が高くなります。以下に、どんな疾患の可能性があるかを列挙してみました。

(おりものの異常から疑われる疾患)

[カンジダ膣炎]

おぼろ豆腐や酒かすのような、白くポロポロとした状態。かゆみが出やすい。

[トリコモナス膣炎]

黄色あるいは茶色っぽく、泡が混じり膿のような状態。においも強く、かゆみがある。

[クラミジア感染症、淋病]

濃いめの黄色、緑色、茶色っぽい場合も。かゆみが出ることが多いが、クラミジア感染症についてはかゆみを感じない場合も多い。

[細菌性膣炎、子宮頸がん、子宮底がん]

濃い黄色や緑色っぽく、においが強くなるが、かゆみを伴うことは少ない。

カンジダ膣炎は、極度の疲労やストレスで免疫力が低下した時、あるいは抗生物質を飲んだ時など、常在菌のバランスが崩れやすくなると起きやすい疾患です。トリコモナス膣炎は感染によって罹るものですが、やはり著しく免疫力が低下しているとパートナーからの感染に限らず、稀に温泉やプールのような場所で感染してしまうことがあるようです。そのほかの性感染症の疑いが考えられるようなおりものが出た場合、自分だけでなくパートナーも一緒にクリニックを受診しないと根治が難しくなります。できるだけすぐにお互いの体調について話す機会を持ちましょう。このように異変にいち早く気づくためにも、普段から自身のおりものの色やにおい、テクスチャーを小まめに観察する習慣をつけておくと良いと思います。とくに妊活も見据えている方は、基礎体温をつける時におりものの状態も一緒に記録しておくと体のリズムを捉えやすくなるのでおすすめです。

“おりもの”が気になる、下着を快適に保ちたい時は

「最近、おりものの量が多くて不快だな」「お気に入りの下着に汚れが染みつきそう」そんなお悩みに応えるかたちで、近年はさまざまなパンティライナーが発売されています。ただ、デリケートゾーンを健やかに保つには菌バランスとpHがとても重要です。

ムレやすい素材によって菌バランスが崩れるとかゆみやかぶれが出やすくなり、またデリケートゾーンは環境ホルモンなどの経皮吸収率が高いことを考えると、通気性が良くオーガニックコットン製のパンティライナーが良いのではないかと思います。

ナトラケアのオーガニックコットン製のパンティライナーはさまざまなショーツにフィットしやすい薄型。生理用ナプキン同様、パッドもフィルムも環境にやさしい植物由来です。

そして、肌が喜ぶようなパンティライナ-を選ぶことと同じくらい、大事にしてほしいのがデリケートゾーンを洗うものの選択です。においなどを気にするあまり、洗浄力の強いもので膣内まで洗ってしまわないように気をつけましょう。

膣内の健やかさを守ってくれているデーデルライン桿菌が根こそぎ洗い流されてしまうと、いっそうトラブルを招きやすくなり、においが助長されてしまう場合もあります。においが心配な時はなおさら、デリケートゾーンの菌バランスにダメージを与えないよう考慮された専用ウォッシュを使うようにしてくださいね。

参照サイト

女性のための健康管理クリニック

小山嵩夫クリニック —気になる女のココロとカラダー

http://koyamatakaoclinic.jp/column/kokoro06.html

瀬戸山産婦人科

膣のオリモノ —おりものとは?—

https://setoyamaclinic.com/sp/orimono/

セルフケアコンシェルジュ いしずか久見子

美容ライター(現在も 石塚久美子 名義で活動)として、1998年より数々の美容トレンド、健康法、国内外のメイクアップアーティストや化粧品開発者の取材を経験。現在は、宝島社『リンネル』でナチュラルコスメやオーガニックコスメを中心とした連載を担当中。自身が敏感肌であったことから、得意とするのは、アロマセラピーや色彩の基礎を踏まえた上での、肌の弱い方に向けたコスメやメイクの解説。2012年からは都内数カ所の保健センター 精神保健デイケアの社会復帰プログラムにて、気分転換や余暇のツールとして色や質感をストレスマネージメントに役立てるアートレクリエーションの講師も担当。

 

これまでのさまざまな取材や学びの経験から、30代では代謝、とくに体の使い方や食が重要であることを深く実感。整体的要素を含むタイ式ヨガ“ルーシーダットン”の講師資格、栄養医学のアドバイザー資格などを取得。適度な運動、食べ方、化粧品の選び方や使い方を見直す、セルフケアによって自身の花粉症や体の歪みも驚くほど軽減したため、現在は“無理をしないセルフケア”を伝え広めるべく邁進中。

トップへ戻る