コラム

お花の飾りお花の飾り

現代人の誰もがなりうる“尿もれ”はなぜ起こるの?

現代人の誰もがなりうる“尿もれ”はなぜ起こるの?

経産婦の女性が抱えるお悩み、というイメージを持たれがちな“尿もれ”。実は“尿もれ”にはいくつかのタイプがあり、とくに女性に多いとされているのは「腹圧性尿失禁」です。最近では、出産経験がなくとも、また若い年齢の方でも「腹圧性尿失禁」に悩む方が増えているといわれています。尿の排泄と関係が深いのは骨盤の底にある骨盤底筋群。出産がこの骨盤底筋群に大きな負荷をかけることは想像にたやすいと思いますが、それ以外ではどんな理由で骨盤底筋群へのダメージや衰えが起こるのでしょうか。今回はそのメカニズムをひも解いていきます。

—骨盤底筋群をうまく使えなくなる主な原因—

・出産

・5kg以上の体重増加

・運動不足

・便秘

・ヒールの高い靴を毎日のように履く

・アレルギーや喘息でくしゃみや咳が連続しがち

・加齢

・過度の心身の緊張

 

知らずのうちに“尿もれ”しやすくなる生活行動

骨盤底筋群は、「群」という名のとおり恥骨や坐骨や尾骨についている複数の筋肉を指し、それらが骨盤の底で重なりあってハンモックのように膀胱や子宮、直腸を支えています。ちょうど、大きめの生理用ナプキンを当てる時に覆われる股の部分をイメージしていただくとわかりやすいはず。骨盤底筋群は尿や便の排出をコントロールするという重要な働きを担っていて、意識して締めたり緩めたりすることもできる筋肉です。しかし過剰なダメージ、継続的な負荷、筋力の低下といった原因で“尿もれ”が起こりやすくなります。

上記に挙げた原因に、思い当たるものがいくつあったでしょうか。

「体重増加、運動不足、便秘」については、ごく一時的であればすぐにトラブルに直結することはありませんが、その状態が続いた場合には、生理前や生理中、くしゃみや咳をした時、重い荷物を持った時など、急に腹圧が強くかかると「あれ?」という感じで“尿もれ”が起こることがあります。

無意識のうちに進む骨盤底筋群のダメージや衰え

 

「ヒールの高い靴を毎日のように履く」については、つま先立ちになるとお尻が引き締まるから良い影響もあるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、歩く時に体の軸がズレやすくなり、無理にバランスを取ろうとする(インナーマッスルをうまく使えない)状態が続くことで骨盤の歪みを招きやすくなります。その結果、骨盤底筋群の柔軟性が低下したり、意識的な収縮がうまくいかなくなくなることも。「アレルギーや喘息でくしゃみや咳が連続しがち」というのは、集中的に強い腹圧がかかるため、子供の頃から年中くしゃみや咳が…という方は、10代でも骨盤底筋群の弱さが表面化することもあると思います。「加齢」に関しては、全身的に30代以降は年に1%ずつ筋肉量が減っていき、筋力も40代前後からぐっと落ちます。そのため産後の骨盤底筋群が弱った状態のまま30代、40代に突入すると“尿もれ”リスクは非常に高まることが予想されます。

最後の「過度の心身の緊張」。出産や排便の時、私たちはぐっと力を入れていきむでことで出口を広げて下へ出そうとしますよね。こうして体を緊張させている時には、メンタルもきゅっと引き締まる、つまり自律神経系の交感神経が優位な状態になっています。出産や排便のいきみとまではいかないにしても、現代生活はパソコンやスマホの多用で目を酷使したり、デスクワークが多く、さらに今年はコロナ禍によるストレスも加わりました。交感神経優位の心身を強ばらせる機会が確実に増えているはずなので、生理痛がいつもより重かったり、排便後に痛みがなかなか引かない、といったことがあったら、それは心身の緊張による無意識的ないきみの断続が骨盤底筋群に負担をかけているせいかもしれません。

骨盤底筋群をうまく使えていないと、ほかにどんな症状が?

 

このように“尿もれ”は、骨盤底筋群が弱っていますよ、ケアが必要ですよというわかりやすいサインといえます。そのほか、下腹部のたるみ、下半身が太りやすい、骨盤の歪みが気になる、首や肩のこりが重い、といった症状が思い当たるようであれば、“尿もれ”が起こっていなくとも、骨盤底筋群の筋力が低下しはじめている“尿もれ予備軍”。出産後の骨盤底筋群の緩みや、出産経験がなくとも筋力低下をそのままにしておいた場合、起こりうるのは膣から子宮や膀胱、直腸が下がってハミ出てきてしまう「骨盤臓器脱」という疾患です。骨盤底筋群は臓器をしっかり骨盤内に納めておく覆い蓋であり、それでいて排血、排尿、排便、性交、出産のための機能も果たさねばならないので、年齢を重ねるにつれてしっかりとした厚みと柔軟性を維持するためのケアは必須と言えます。

 

姿勢改善や筋トレで改善は可能!悩み過ぎないことも大切。

「腹圧性尿失禁」タイプの“尿もれ”については、インナーマッスルをきちんと使えるように姿勢を変え、骨盤底筋群のための筋トレを行うことで改善を目指せます。ただ、筋骨格へのアプローチは継続が大切なので、次回のコラムでは続けやすいトレーニング法などをご紹介しますね。また、はっきりした変化を実感できるまでにはそれなりの時間がかかるため、吸水パンティライナーをお家にひと箱、常備しておくことをおすすめします。

普段はまったく問題がないけれど、月によっては生理前や生理中だけごくわずかな“尿もれ”があるという場合は、ホルモンバランスの変化で子宮や膀胱の筋肉が柔らかくなるために起こっている可能性があります。ナトラケアのオーガニックコットンの吸水パンティライナーは、そうした「ごくたまにで少量なのだけど…」というライトユーザーの方から、産後の日々に必要というヘビーユースの方まで対応してくれます。肌に長く触れていても安心で快適。ぜひ骨盤底筋群ケアのパートナー、気持ちをぐっと楽にするリラックスアイテムとして取り入れてみてください。

参照サイト

東京女子医科大学東医療センター

骨盤底機能再建診療部

https://twmu-mce.jp/mce/prsurgery/type/

かしこくキレイなわたしをつくろう。ワコールボディブック

特集/女力を支える骨盤

骨盤底筋群が大事なわけ

https://www.bodybook.jp/doctor/118000.html

セルフケアコンシェルジュ いしずか久見子

美容ライター(現在も 石塚久美子 名義で活動)として、1998年より数々の美容トレンド、健康法、国内外のメイクアップアーティストや化粧品開発者の取材を経験。現在は、宝島社『リンネル』でナチュラルコスメやオーガニックコスメを中心とした連載を担当中。自身が敏感肌であったことから、得意とするのは、アロマセラピーや色彩の基礎を踏まえた上での、肌の弱い方に向けたコスメやメイクの解説。2012年からは都内数カ所の保健センター 精神保健デイケアの社会復帰プログラムにて、気分転換や余暇のツールとして色や質感をストレスマネージメントに役立てるアートレクリエーションの講師も担当。

 

これまでのさまざまな取材や学びの経験から、30代では代謝、とくに体の使い方や食が重要であることを深く実感。整体的要素を含むタイ式ヨガ“ルーシーダットン”の講師資格、栄養医学のアドバイザー資格などを取得。適度な運動、食べ方、化粧品の選び方や使い方を見直す、セルフケアによって自身の花粉症や体の歪みも驚くほど軽減したため、現在は“無理をしないセルフケア”を伝え広めるべく邁進中。

 

 

 

トップへ戻る