ナトラケア創業の背景

お花の飾りお花の飾り

オーガニック&ナチュラル生理用品のパイオニアである「ナトラケア」。

その誕生は、日本にはまだオーガニックという言葉すら上陸していない80年代まで遡ります。ナトラケア社は、世界初のオーガニックコットンナプキンのメーカーとして1989年にイギリスで創業。環境保護活動家のスージー・ヒューストンによって創業されました。

スージーは、自分をはじめ多くの女性が当時の生理用品の使い心地に満足できず不快感を抱いていること、また日々使い捨てられる大量の生理用品が地球環境に大きな負担をかけていることについて、なにかできないかと考えていました。そしてたどり着いたのが「オーガニックコットンと自然素材で生理用品を作る」というアイデアでした。

環境に優しい自然素材の厳選と、心地よい使用感の両立を目指したオーガニックコットンのナプキン。「女性の身体への優しさを追求すれば、地球環境の保護にもつながる」という理念を、ナトラケアの製品はそのまま具体的に示すことに成功しました。

ナトラケアは、現在では世界約70ヵ国で販売されています。ナトラケア社は、現在ではオーガニックコットンナプキンを提供するブランドのリーダー的存在として、心地よさと品質の高さで選ばれ、なおかつリーズナブルな価格で末長く愛用される製品を提供し続けています。

  • ナトラケア創業の背景
  • 紙ナプキンの歴史
  • 創業者スージー女史プロフィール
  • 製品へのこだわり、認証について
  • 環境への取り組み
トップへ戻る