環境への取り組み

わたしたちの身体の先にある紙ナプキンによる環境汚染お花の飾りお花の飾り

生理中に紙ナプキンを1日5枚ずつ、毎月5日間、40年間使用し続けたとすると、1人の女性が生涯で使うナプキンの量は約1万2000枚に及び、毎年廃棄される生理用品の量は450億個以上にのぼる計算になります。

この数の紙ナプキンを並べると、なんと地球から太陽に届く長さと同等だそう。埋めて廃棄するとしたら8,000㎡以上の土地が必要になるという、途方もない量です。そして、これらの紙ナプキンの大半は石油由来のプラスチック素材を使用して作られており、燃やすとダイオキシンの発生源となります。埋めた場合は、分解されて土に還ることがないため、そのまま地球に蓄積されます。

ナトラケアは、原材料から使用後まで、そのすべてに責任を持ち、生分解可能でサスティナブルな素材のみを使用しています。燃やしても環境を汚さない、埋めても土に還る、生理用品の選択をオーガニックなものに変えることは、深刻な環境汚染に対して、わたしたちができる重要なアクションのひとつといえます。

土に還る素材を使うことで海をプラスチックから守るお花の飾りお花の飾り

ナトラケアのすべての製品は、生分解可能でサスティナブル。吸収剤には植物セルロース素材のみを責任をもって使用し、プラスチックを含みません。世界的な問題として懸念されている海洋のプラスチック汚染を増やさないよう、工夫を凝らしながら、使い心地の良い高品質な製品を提供しています。

オーガニックコットン栽培に従事する農家の健康にも配慮お花の飾りお花の飾り

地球のことを考えて素材を選ぶことは、私たちの責任です。いわゆる慣行栽培のコットンは、実は地球上で最も農薬が散布される作物であることをご存知でしょうか? ナトラケア社は、化学物質フリーのオーガニックコットンを栽培することで、消費者だけでなく、栽培に従事する農家をはじめ、生産に関わるすべての労働者の健康を守ります。そしてこういった姿勢を貫くことは、公正な取引をすることにもつながっています。

ブランドの成功を社会に還元ソーシャル活動や省エネ対策お花の飾りお花の飾り

「ブランドの成功は、さまざまなプロジェクトやキャンペーンを通じて社会に還元していく」これはエシカルな会社として、ナトラケア社がとても大切にしている思念です。
2016年には、50,000ユーロ以上をチャリティー協会や社会貢献に関与するプロジェクトに寄付しました。また、省エネや環境活動にも積極的に取り組んでいるエコフレンドリーな会社です。

  • 80個以上のソーラーパネル
  • 20kWのソーラー発電システム(PV)を配置
  • 9500kgのCO2を毎年削減

  • ナトラケア創業の背景
  • 紙ナプキンの歴史
  • 創業者スージー女史プロフィール
  • 製品へのこだわり、認証について
  • 環境への取り組み
トップへ戻る